紙に書かれたサイトのビジュアルイメージ
ホームページ制作 2021年7月16日

ホームページ制作をするときにデザインを先に作り始めてはいけない理由

今回は、ホームページを作成する際に、意識したいことについてお話します。
タイトルにもある通り、ホームページを制作するときにデザインを先行して作るのはあまり好ましくないという話です。ここで言うデザインというのはホームページの見た目を良くする、かっこよさを演出する見栄えのことです。

それでは、なぜデザインを先行してはいけないのか、その理由について解説していきます。

ホームページを作る目的について考えてみよう

そもそもホームページを作る目的はなんでしょうか。

かっこいい見た目を作ることでしょうか?
もちろん、それも大切なことのひとつです。

しかし、ホームページを作る上で最も重要とするべき目的は、アクセス数や問い合わせを増やすなど、ビジネスを成功に導くことではないでしょうか。これらの目的を達成するためには、ターゲットユーザーを設定し、最適なコンテンツやページ、インターフェース(使い勝手)や利用体験を構築するのです。

つまり、企画や中身が最重要項目なのです。企画や中身を考え、設計をしてから初めて、デザインとしてサイトのビジュアルを制作するのです。極端に言うと、見栄えのデザインから入ってしまうと見栄えを良くすることが目的になってしまいます。

ホームページを制作する根本的な目的は、デザインを良くするではなく、アクセス数や問い合わせ数を増やすなど、ビジネスの成功を後押しすることではないでしょうか。

デザインは目的ではなく、手段である

デザインは目的を達成するための手段なので、それが先行するのはあまり好ましくありません。プロジェクトのスタート段階では、どんなデザインがいいですかではなく、何をゴールとしていくのか、そのためには何をするべきなのか、という話が大切です。商品をホームページから売りたい場合は、
集客手段、問い合わせに導くための導線設計、魅力的なコンテンツ制作などホームページのコアとなる要素から決定していきましょう。

まとめ:ビジネス的視点をもってサイト制作を

「どのようなデザインにしていこうか」という見栄えから制作を始めるのでなく、
「誰にターゲットとして発信していくのか」
「ターゲットが求めている情報は何なのか」
「それを実現するためのコンテンツは何なのか」
「打ち出してく他社との差別化ポンイントは」
「ターゲットが得られるメリットは具体的に何であるか」など、
ビジネス的視点から戦略を立て、サイトを構築していくことが大切です。

デザインはそれを達成するための手段に過ぎないのです。

記事の著者:

Web制作ならアズシエルにご相談ください。

Web制作パートナーとしてサイトの企画からデザイン、運用まで支援します!Webサイト制作についてはこちらからサービスをご確認ください!

この記事をSNSでシェアする!